スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色の再現について・・・3

思い通りの色を作るには、カメラや写真編集ソフト、モニターやプリンターなどの操作、設定にいくら熟達しても、色そのものを正しく感じ取れる感性と、どの方向にどのように変化させるとどういう色に変わってゆくのかを理解していないと、随分遠回りでの希望色への到達となります。

色の基本は3原色で、色光の3原色と色材の3原色の二つがあります。
色光の3原色は、赤(R)、緑(G)、青(B)で隣り合った色が混じった所は
イエロー、シアン、マゼンタになり3つが重なった中央は白色になります。
デジタルカメラの撮像素子は、この赤(R)、緑(G)、青(B)を個別に記憶し、あとで重ねあわせて色を再現します。
色光の3原色は加法混色でTVやPCのモニターなどに使用されているもので、混色する度に明度が加算されていきます。

色材の3原色は、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)で隣り合った色が重なった所は、青、赤、緑となります。減法混色で、白い紙の上で印刷インキなどの原色を重ねて用紙の反射を減らしつつ色を作ります。(明度は減算されます)
どちらの3原色も、混色すればお互いの色を再現できますから表裏一体の関係にあります。
色光の3原色を重なり合った隣同士の色で出来た部分も含めて順番に書くと、赤(R)→イエロー→緑(G)→シアン→青(B)→マゼンタとなり、色材の三原色もその中に現れています。赤(R)とマゼンタ、青(B)とシアンの違いはちょっとまぎらわしいですが、はっきりと違う色なので感覚として覚えておく必要があります。

色光の3原色(加法混色)
rgb3.jpg

色材の3原色(減法混色)
cmyk2.jpg


「デジタル写真の色を極める!」

デジタル写真の色を極める! 「写真の学校」 (「写真の学校」の教科書)

新品価格
¥1,944から
(2014/7/28 08:16時点)





スポンサーサイト

テーマ : カメラ機材
ジャンル : 写真

PR
FC2 Blog Ranking
Blog Ranking
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
オススメ
Shinobi ライティング テーマに沿って記事を書き おこずかいGet!! 楽しいお勉強
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

abira

Author:abira
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。